読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正直,筆者自身がインタビュワーとして参加したいほどだ。

 さらに筆者個人的な要望を加えれば,今後は,CPUやGPUといったプロセッサメーカーや,VRおよびAR関連のエンジニアなどが出演すると面白いだろう。実際の開発拠点は海外の本国にあるとしても,日本のゲーム開発シーンにおける,彼らの製品の活用傾向のような話題は,多くの開発者や学生にとっても関心が高いはずである。

MU  RMT